新型コロナウイルス感染により、かつてのマルセイユ会長がこの世を去った。

元マルセイユ会長のパペ・ディウフ氏が3月31日、セネガル・ダカールの病院で亡くなった。享年68歳。

ディウフ氏は3月にコートジボワールへ出張し、セネガルに渡ったあとに体調を崩していたという。そして状態が悪化し、3月28日から人工呼吸器による治療が続けられていたが、31日に力尽きた。

マルセイユは公式ツイッターで「大きな悲しみと共に死を知った。パペは歴史に残る偉大な人物として、マルセイユの心の中に永遠に刻まれる。彼の家族と愛する人たちへ、哀悼の意を表する」と綴っている。

1951年生まれのディウフ氏はチャドで生まれ、セネガルで育った。18歳の時にマルセイユへ移住し、フランスではジャーナリストとして活動。後にフットボール界では代理人として腕を振るい、バジール・ボリやジョセフ=アントワーヌ・ベルなど、アフリカ出身の著名プレーヤーを主に担当した。

マルセイユでは2005年〜2009年にかけて会長職を務め、この間元日本代表DF中田浩二も同クラブに在籍(2005年〜2006年)していたことでも知られる。

感染拡大が深刻化し、欧州だけに限らず世界中で各クラブ、及び代表チームが活動休止を余儀なくされるなど、多大な影響を及ぼしている新型コロナウイルス。かつてのマルセイユ会長が命を失うなど、サッカー界にさらなる影を落とす結果となっている。