元エジプト代表DFイブラヒム氏が、リヴァプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクについて語った。

現役時代に母国の複数クラブでプレーしたイブラヒム氏は、エジプト代表として53キャップを記録。2003年にはレンタル移籍でエヴァートンに所属していたが、出場機会はなかった。

そのイブラヒム氏が、エジプトのTV番組『TEN』で大胆主張。現役時代の自身は、ファン・ダイクよりも優れていたと話した。

「私はファン・ダイクよりも技術的に優れていた。彼はセンターバックでしかプレーできないが、私は他のポジションでもプレーできたね。間違いなく、私の方が良い選手だった」

「私は真剣に言っているよ。彼と私を比較すれば、あらゆる点で大きな違いがあることが分かる。彼は集中が切れたらおかしくなる。ファン・ダイクは良いディフェンダーだけど、たまに平凡な選手みたいな軽率ミスを犯すことがあるね」

なお、ファン・ダイクは2018-19シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、DFとして初めてUEFA最優秀選手賞を受賞している。