ルカクへのカリアリサポーターからの人種差別チャントにセリエAからは処分はなし…

ルカクへのカリアリサポーターからの人種差別チャントにセリエAからは処分はなし…

セリエAはロメル・ルカクに対するサポーターからの差別的チャントなどについて処分を下さないことを発表した。

1日に行われたカリアリとインテルの一戦で、インテルがPKを獲得すると、キッカーとしてペナルティスポットに立ったのはルカク。その際にその際、一部のカリアリサポーターが、黒人差別の際に用いられる「モンキーチャント(猿の鳴き声)」を行っていたことが明らかとなっている。

これまでもユヴェントスのモイゼ・ケーンやブレーズ・マテュイディ、ペスカーラのサリー・ムンタリなど(※所属クラブは当時)にも人種差別が行われており、セリエAでは大きな問題となっているが、この件に関してリーグは以下のような声明を発表した。

「ゴールから向かって左側のエリアから、いくつかのチャントが一部の観客から歌われていたことは確認できた。しかし、笛の音や歓声のために、差別的な表現かどうかは指定できなかった」

人種差別についてルカクがコメントを発表する他、ローマFWエディン・ジェコやドルトムントのジェイドン・サンチョなども意見を明らかにする事態となっている中、今回の決定は物議を醸しそうだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索