コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが今季後半戦はスペインのセルタでプレーすることとなった。現地時間15日、セルタは今季限り、半年間のレンタルでサンプドリアからムリージョを獲得したことを発表している。

コロンビア出身のムリージョは2010年にウディネーゼに加わり、それ以降はグラナダ、カディス、ラス・パルマスを経て2015年にインテルへ完全移籍。17−18シーズンはバレンシアへレンタルでプレーし、2018年夏にバレンシアに完全移籍となったが、バレンシアでは主力に定着できず、18−19シーズン後半戦はバルセロナへの期限付き移籍を経験し、今季前半戦は買い取りオプション付きのローン移籍により、サンプドリアでプレーしていた。

サンプドリアは2020年に入るとともに、ムリージョを完全移籍でバレンシアから買い取ったが、それから間もなくしてセルタにレンタルで放出する運びとなった。なお、セルタには半年の期限付き移籍となるが、一部報道によると買い取りオプションが付いているという。

ムリージョは今季前半戦、セリエAで10試合、コッパ・イタリア2試合に出場していた。