現地時間17日、イングランド・プレミアリーグは第19節が行われ、南野拓実の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドにマンチェスター・ユナイテッドを迎えた。

勝点3差でリヴァプールが2位、ユナイテッドが首位で迎えた伝統のノースウェスト・ダービー。アンフィールドでのプレミアリーグ無敗記録を「67」試合に伸ばしているリヴァプールに対し、ユナイテッドはアウェイ15試合無敗と互いに自信を持って天王山に臨んだ。

立ち上がりから、ボールを保持して主導権を握ったのはシャチリ、チアゴを先発起用したリヴァプール。防戦の続くユナイテッドはマルシャルとラッシュフォードのスピードを生かしたカウンターを狙う。

チアゴを中心にボールを回すリヴァプールが次々にチャンスを作りユナイテッドゴールへと襲い掛かる。しかし、ゴール前を固めるユナイテッドも最後のところで守備陣が体を張り、決定機を与えない。

カウンター狙いのユナイテッドは33分、ブルーノ・フェルナンデスの直接FKがわずかにゴール左へと外れてゴールの予感を感じさせる。直後にはリヴァプールも速攻を仕掛け、サラーの突破は止められるものの、こぼれ球をゴール前で拾ったフィルミーノが押し込む。しかし、これはGKデ・ヘアの正面に飛んでしまう。

互いに決め手を欠き、無得点のまま迎えた後半もリヴァプールの攻勢が続き、ユナイテッドは耐える展開に。チアゴがパス回しの中心となり攻撃のスイッチを入れるリヴァプールに対し、ユナイテッドは同じ役割を担うB・フェルナンデスにいい形でボールを預けることができない。

59分、アレクサンダー=アーノルドのサイドチェンジを受けたロバートソンのアーリークロスを、ファーポストに飛び込んだフィルミーノが合わせに行く。しかし、ここはピタリと体を寄せたマグワイアがブロックし、決定機をしのぐ。

守勢の続くユナイテッドは61分、マルシャルに代わってカバーニを投入。しかしリヴァプールの攻勢が続き、62分にはフィルミーノのパスをゴール前で受けたサラーがDF4人に囲まれながらもキープし、左足でシュート。DFに当たったシュートはゴール右へとわずかに外れる。

75分、ペナルティーエリア左で仕掛けたラッシュフォードから追い越したルーク・ショーにボールが出ると、折り返しをゴール前で合わせたのはB・フェルナンデス。しかし、この絶好機はGKアリソンが足を伸ばしてブロックし、ユナイテッドに先制を許さない。

76分にシャチリを下げてカーティス・ジョーンズを投入したリヴァプールは78分、ドリブルで仕掛けたチアゴがそのまま右足でミドルシュートを放つ。枠を捉えていたが、ここはGKデ・ヘアが横っ飛びではじき、両守護神がファインセーブを披露する。

互いに攻め合い、徐々に切り替えの遅れからスペースも生まれ始めた83分、右サイドをオーバーラップしたワン=ビサッカからの折り返しをエリア内右で受けたポグバがボレーで捉えるが、至近距離からの決定機はGKアリソンがファインセーブで切り抜ける。

85分にフィルミーノを下げてオリギを投入したリヴァプールは両サイドバックのサイドチェンジからチャンスを作り、ユナイテッドはロングボール主体でセカンドボールを拾いチャンスに繋げていく。

89分、ワイナルドゥムを下げてミルナーを投入し交代枠を使い切ったリヴァプールに対し、ユナイテッドもB・フェルナンデスを下げてグリーンウッドを投入。互いに高いインテンシティを維持し、アディショナルタイムの3分間も攻め合ったが、決め手を欠きゴールは生まれず。首位攻防戦はスコアレスドローで勝ち点1を分け合う結果に終わり、リヴァプールはホームでの無敗記録を「68」試合に伸ばしたものの、ユナイテッドから首位の座を奪い返すことはできなかった。

■試合結果
リヴァプール 0-0 マンチェスター・U