元イタリア代表のスター、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が29日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、チャンピオンズリーグ(CL)におけるアタランタの躍進を予想した。

指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニの下で躍進を続けるアタランタ。リーグ再開後も王者ユヴェントスとスクデット争いを演じるラツィオに逆転勝利を収めるなどして、セリエA6連勝を飾った。今シーズン初めて参戦するCLにおいても、決勝トーナメント1回戦でバレンシアを下してすでに準々決勝進出を決めているが、デル・ピエロ氏は新型コロナウイルスの影響により変則的な戦いを強いられる中でアタランタの優勝もあり得ると口にする。

「ネラッズーリ(黒青の意味でアタランタのチームカラー)がCLにおいて希望を抱けるか?ああ、現在のサッカーの状況を考えるとね。彼らの今のパフォーマンスや3カ月の活動停止から再開したこと、それに無観客でプレーするので外部から受ける影響も変わってくる。大量に得点を挙げるチームだから、もしすべてが当たればCL優勝を夢見ることもできるかもしれない」

「確かに重要な舞台や場面における経験不足はある。しかし、今はかつてないほどに確実な予想が難しい。これはすべてのチームに共通することだが、コロナ以前のような確実性がない。これから起こり得るすべてのことに大きな疑問符がつくと思う」