磐田、鈴木監督が1カ月で退任…J1・5試合で1勝4敗とチーム立て直せず最下位に低迷

磐田、鈴木監督が1カ月で退任…J1・5試合で1勝4敗とチーム立て直せず最下位に低迷

ジュビロ磐田は15日、鈴木秀人監督が退任することを発表した。

今季J1リーグ開幕から第17節まで3勝5分9敗と低迷し、名波浩前監督が退任となっていた磐田。その後ヘッドコーチを務めていた鈴木氏が7月1日に監督に就任したが、その後も5試合で1勝4敗と浮上のキッカケをつかめず、第22節を終えて最下位と厳しい状況が続いていた。

そして15日、磐田は鈴木監督が退任することを発表。後任が決まるまでは、暫定的に小林稔ヘッドコーチが指揮を執ることを明かしている。

なお鈴木監督が体調不良のため、小林ヘッドコーチが指揮を執った14日の天皇杯3回戦では、ヴァンラーレ八戸相手に6-0と大勝している。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索