デン・ハーグで惜しまれるハーフナー…蘭メディアが開幕前の不安材料に挙げる

デン・ハーグで惜しまれるハーフナー…蘭メディアが開幕前の不安材料に挙げる

ヴィッセル神戸へと移籍したFWハーフナー・マイクは、オランダで惜しまれる存在となっていたようだ。オランダメディア『AD』が報じた。

今年2月からデン・ハーグを率いるアルフォンス・フルネンダデイク監督は、初のフルシーズン“完走”を目指して、エールディヴィジに臨む。そんな指揮官にとって障害となりそうなのが、昨季まで主力として支えてきた選手たちの退団だ。

それぞれチームを去った、2010年からプレーするディオン・マローネ、昨シーズンはレンタルで加入していたエル・カヤティとともに名前が挙がったのは、ハーフナー・マイクである。ハーフナーは2年間で27ゴールを挙げ、チームのエースストライカーとして活躍。フルネンダデイク監督は、Jリーグへと復帰した30歳のFWの代わりにプレシーズンでは若手FWを起用し、一定の成果を収めている。

11日にユトレヒトとの開幕戦を控えるデン・ハーグ。ハーフナーの穴を感じさせない戦いぶりを見せることはできるだろうか。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索