スアレスのダイブにファンの怒り心頭...95%がシミュレーションに対する処分を求める

スアレスのダイブにファンの怒り心頭...95%がシミュレーションに対する処分を求める

スペインでは、シミュレーションに対する処分が甘いのだろうか。ファンの間で議論が活発化している。

13日に行われたスペイン・スーパーカップのファーストレグ、バルセロナ対レアル・マドリーの一戦(1−3)で、審判の判定が大きな物議を醸した。バルセロナは76分にFWルイス・スアレスがGKケイロール・ナバスに倒され、PKを獲得。これをメッシが沈めて一時同点に追いついたのだが、スアレスのプレーはシミュレーションに見えた。

これに関して、スペイン『マルカ』がアンケートを行っている。「シミュレーションに処分が科されるべきか?」との問いに、4万票が投じられ、95%が「イエス」と答えた。

最近、サッカー界においては、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入も進みつつある。あまりにも悪質なシミュレーション、審判を欺く行為については、映像を確認してでも処分が検討されることをファンは望んでいるのかもしれない。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索