マンチェスター・ユナイテッドのU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメスの退団が迫っている。

ユナイテッド下部組織から2017年にトップ昇格したゴメスは、16歳263日でプレミアリーグデビュー。クラブの最年少出場記録を更新しており、2017年にはジェイドン・サンチョ(ドルトムント)やフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)らと共にFIFA U-17ワールドカップを制したメンバーでもある。

繊細なタッチと鋭いドリブルが売りのゴメスはそのポテンシャルが高く評価されているものの、今季のリーグ戦出場はここまでわずか19分にとどまっている。契約も今月末で終了することで去就が注目されてきた。

しかし、クラブはいまだにゴメスとの新契約を締結できず、オーレ・グンナー・スールシャール監督も「ニュースはない。だから、(残留するようには)見えない」とコメント。退団が濃厚となっている。

なおゴメスに関しては、かねてからチェルシーが関心を持っていることが報じられている。このまま逸材をフリーでライバルクラブに流出することになるのだろうか。