ボローニャが来シーズンに向けて、ローマのセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフらに関心を寄せていると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が23日、報じている。

セリエAが新型コロナウイルスの感染拡大により中断される中、各クラブは来シーズンに向けてチーム構想を練り始めている。その中の1つがボローニャ。イタリア紙は、シニシャ・ミハイロヴィッチ率いるクラブが今夏、ローマに所属する左利きの左サイドバック、コラロフの獲得を検討していると伝えている。

ボローニャでは今シーズン、左サイドバックのレギュラーであるDFミッチェル・ダイクスがフィジカルトラブルに悩まされており、すでに数カ月にわたって離脱が続く。その代役として右サイドバックが本職のDFイブラヒマ・エムバイェやセンターバックのDFステファノ・デンスヴィルらが起用されてきたが、夏の移籍市場においてベテランのセルビア代表DFを獲得し、右サイドの補強を図る案が浮上しているようだ。

同じく守備においては、今シーズン、右サイドバックのレギュラーとして活躍する日本代表DF冨安健洋を本来のポジションであるセンターバックに戻す可能性が指摘。またセンターバックのさらなる補強として、トリノに所属するリャンコの再獲得にも関心を示しているようだ。

なおボローニャのリッカルド・ビゴンSD(スポーツディレクター)は、地元紙『レスト・デル・カルリーノ』のインタビューで今夏の移籍市場に言及。コラロフやリャンコらへの関心について問われると、「現段階でどの選手を獲得するかを述べることに意味はない。リーグ中断による経済的影響にもよる」と言葉を濁した。