バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・シティはドイツ代表ウィンガー、リロイ・サネの移籍に関してやはり合意に近づいているようだ。『アスレティック』が伝えた。

かねてよりバイエルンが獲得を狙っているサネ。一時は今夏の加入が濃厚となっていたが、バイエルンが提示した4000万ユーロ(約46億8000万円)というオファーが、マンチェスター・シティが要求する額と大きな隔たりがあったため、交渉は暗礁に乗り上げていた。

だが、バイエルンはサネの加入を疑っていない模様。最終的な問題は移籍金になるが、最低でも4000万ユーロ以上のオファーを送り、シティの説得に動くようだ。

なお、サネは周囲の友人にはすでにドイツに戻るつもりであることを認めており、両親やパートナーなどもブンデスリーガ復帰には前向きであるという。いずれにせよ、交渉成立は近いのかもしれない。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です