バルセロナ、ベティス撃破でリーガをほぼ手中に!メッシが直接FKや超絶ループ決めてハット達成

バルセロナ、ベティス撃破でリーガをほぼ手中に!メッシが直接FKや超絶ループ決めてハット達成

17日のリーガ・エスパニョーラ第28節、バルセロナは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を4−1で制した。

前日に2位アトレティコ・マドリーがアスレティック・ビルバオに敗れたことで、勝利に酔ってリーガ優勝をほぼ手中に収められる首位バルセロナ。対戦相手は今季のカンプ・ノウの試合で土をつけられた唯一にチーム、ベティスである。

バルベルデ監督はベティスのサイド攻撃を警戒してか、普段の4−3−3ではなく4−4−2のシステムを使用。GKテア・シュテーゲン、DFセルジ・ロベルト、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、MFラキティッチ、ブスケッツ、アルトゥール、ビダル、FWルイス・スアレス、メッシをスタメンとして起用した。

序盤に主導権を握ったのはベティスで、左サイドのテージョを中心とした攻撃でバルセロナゴールに迫っていった。が、18分にメッシの武器の一つである直接フリーキックが炸裂。ペナルティーエリア手前、メッシが左足インサイドで蹴ったボールは、壁を超えて枠内左に突き刺さっている。

メッシの直接FKからのゴールは今季4点目で、リーガ通算では28点目。合計のシュート数は330本で成功率8.5%となり、これはクリスティアーノ・ロナウド(310本中19本成功、成功率6.1%)、ロベルト・カルロス氏(382本中16本成功、成功率4.2%)、ロナウジーニョ氏(205本中15本成功、成功率7.3%)を上回る記録だ。

このゴールが生まれた後、ベティスの攻勢は鳴りを潜め、バルセロナは失点の危機を迎えることなく追加点を目指すように。そして前半アディショナルタイム2分、L・スアレスの絶妙なヒールパスからメッシがペナルティーエリア内に侵入して、この日2点目を記録した。

後半、バルセロナは速攻を中心とした攻撃を見せ、63分にL・スアレスが正真正銘のゴラッソによって3点目を獲得。ウルグアイ代表FWはロナウド氏やマラドーナ氏を彷彿させるテクニカルかつスピードあるドリブルでベティスDF3枚を抜き去り、ペナルティーエリアに入り込みシュートを突き刺した。

バルベルデ監督はその直後、アルトゥールとの交代でセメドを投入。セメドを右サイドバックとして、そこでプレーしていたS・ロベルトを1列上げた。82分には途中出場のロレンに1点を返されたバルセロナだが、85分にはメッシが脅威のゴラッソでキャリア通算51回目のハットトリックを達成……。歩きながらペナルティーエリアに入ろうとした背番号10は、左サイドのラキティッチからパスを送られると、左足ダイレクトでループシュートを放つ。緩やかな曲線を描いたボールは、GKパウ・ロペスのジャンプもむなしくクロスバーに当たってから枠内に収まった。ベニト・ビジャマリンの観客も、このゴールには脱帽といった様子で、喝采とともにメッシの名を何度もコールしていた。

試合は3点差のまま終了のホイッスル。5連勝のバルセロナは、勝ち点を66として2位アトレティコに勝ち点10差をつけることに成功。今季リーガを、ほぼ手中に収めている。

■試合結果
ベティス 1-4 バルセロナ

得点者

ベティス:ロレン(82分)

バルセロナ:メッシ(18分、45+2分、85分)、ルイス・スアレス(63分)


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索