日韓合同のガールズグループ『IZ*ONE(アイズワン)』のチャン・ウォニョンが、サイン会でファンから出た“メッシVSロナウド”の質問に答えようとして係員に制止されたようだ。韓国紙『スポーツソウル』が伝えている。

韓国出身のチャン・ウォニョンは現在15歳。2018年にオーディション番組で1位に輝き、グループ最年少ながら『IZ*ONE』のセンターとしてデビューした。そんな人気アイドルが、サイン会でサッカー界における“究極の選択”を迫られた。

『スポーツソウル』によると、サイン会に出席したウォニョンへ、ファンのひとりから「ウォニョンの考えるvs対決」と題した質問シートが手渡されたという。その質問シートには、「犬vs猫」「チキン単品vsチキンとご飯」「ミントチョコvsお母さんは宇宙人(韓国のサーティワンアイスクリーム限定メニュー)」など、2択から選ぶ質問が並んでいた。

ウォニョンはそれぞれの質問に対して「犬」「チキン単品」「ミントチョコ」を選択。これらの項目をハートマークで囲んで、好みを伝えたが、最後の質問には「ロナウドvsメッシ」という項目が…。サッカー界でもたびたび議論されてきたユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシの論争。ウォニョンは「ロナウド」にチェックしようとしたものの、間際で係員に制止されてしまったという。

昨年夏にユヴェントスがアジアツアーで、Kリーグ選抜と試合を行うために訪韓。韓国の複数メディアによれば「ユベントスと主催者の間でロナウドの45分出場規定はあった」にも関わらず、ロナウドは負傷を理由にKリーグ選抜戦に出場せず。「ファンは精神的苦痛を受けた」と韓国国内から猛烈な批判を受けていた。

ウォニョンへの回答制止が、この“ロナウド不出場”の影響であるか、それとも偶然に起こり得たものなのかは定かではないが、ファンも注目した人気アイドルの答えははっきりしないまま終了している。