ボローニャ冨安健洋のブレシア戦の伊での評価は?「これまでの2試合と比較すると…」

ボローニャ冨安健洋のブレシア戦の伊での評価は?「これまでの2試合と比較すると…」

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、15日のブレシア戦にフル出場し、イタリアメディアなどから及第点前後の評価を得た。

ボローニャは15日、セリエA第3節で昨シーズンのセリエB王者ブレシアと対戦。センターバックのブラジル人DFダニーロの負傷離脱により、最終ラインの起用に注目が集まっていたが、ここまで未出場のDFマッティア・バーニが先発し、冨安はこれまで通り右サイドバックでの出場となった。ボローニャは10分、ブレシアに先制点を献上するなど立て続けに失点。2度にわたって2点差を追いかける苦しい展開となったが、48分にブレシアMFダニエレ・デッセーナが2枚目の警告を受けて退場すると、風向きが変わった。37歳のFWロドリゴ・パラシオらの活躍により、逆転に成功。4-3と敵地での勝利を収めた。

冨安はここまで、ボローニャの8月の月間MVPを受賞するなど高い評価を受けてきたが、ブレシア戦では平均程度の評価となった。『トゥット・メルカート・ウェブ』は、冨安のパフォーマンスを及第点の「6」と採点。「これまでの試合と比較してやや1歩後退か。だが日本人選手のパフォーマンスは、特に後半、なかなか良い出来だった」と振り返った。なおチーム内最高評価はパラシオの「7.5」。最低評価はMFブレリム・ジェマイリの「5」となった。

『ユーロスポーツ』も同様に、日本代表DFに「6」の評価を下した。「日本人選手は最初の2試合と比較すると、やや輝きは劣ったが、それでもチームに貢献していた。後半のヘディングシュートはわずか数メートル外れたが、ゴールに非常に近かった」とコメントした。チーム内最高点はパラシオとオルソリーニの「7.5」。最低点はジェマイリの「5」となった。

一方、『コリエレ・ディ・ボローニャ』は、冨安に対し、やや及第点に満たない「5.5」の評価を下している。最高評価はパラシオの「8」。最低評価はジェマイリの「4.5」だった。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索