ダニーロ「ジダンはたまにミニゲームに参加する。ミスすると苛立っているよ(笑)」

レアル・マドリーDFダニーロが、ジネディーヌ・ジダン監督の隠された一面を明かしている。

2016年1月にマドリーのトップチーム指揮官に昇任したジダン監督は、就任1年目でチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成。就任2年目でCL連覇と5年ぶりのリーガエスパニョーラ優勝を成し遂げ、選手時代と同様クラブの歴史に名を刻んでいる。

ダニーロはブラジル『SporTV』のインタビューで、フランス人指揮官についての印象を語っている。

「時間は過ぎ去っていくもの。誰もが普通のことだと思い始めているけど、冷静に考えてみると自分の監督がジダンなんだよ!彼は素晴らしい監督だ。分析や理論に頼るのではなく、自らの経験を踏まえている」

「練習が終わると、彼は好んで居残りのトレーニングに参加する。シュートを10本打って、1本でも外すと苛立っているね。選手としてのスピリットをまだ持っているみたいだ。ミニゲームをするときも人が足りないとジダンが参加する。そこでもミスするとすごく苛立っているよ(笑)」

またダニーロは現役時代からジダン監督に憧れを抱いていたと述べた。

「ジダンと(前監督ラファ)ベニテスを比べることはできない。数字やタイトル、成功をもってしてもね。僕は26歳になるけど、昔はずっとジダンを追っかけていたんだ。間違いなく、世界最高の選手の一人だった」

「僕たち選手とジダンの関係は特別なものだろうね。だけど彼はブラジル人選手に対して、ある種の敬意を抱いているような気がする。それは僕たちが達成してきたことや、ブラジル人選手の能力に向けられたものなんだろう」

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索