レアル行き濃厚アザールの代役はコウチーニョ?バルサがチェルシーへの売却を検討か

レアル行き濃厚アザールの代役はコウチーニョ?バルサがチェルシーへの売却を検討か

バルセロナはチェルシーがエデン・アザールの代役としてフィリペ・コウチーニョの獲得に動くことを予想しているようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

2018年冬にリヴァプールから総額1億6000万ユーロ(当時約217億円)でバルセロナに加入したコウチーニョ。加入以降、リーガ・エスパニョーラ連覇を経験した同選手だが、移籍金に見合うだけの十分な活躍ができたとは言い難い状況が続く。これを受け、ブラジル代表MF自身はカンプ・ノウでのキャリアを続けることを望むと考えられる一方で、バルセロナ首脳陣は同選手の売却に前向きな姿勢を示している。

さらに、チャンピオンズリーグ準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦で得点した際のコウチーニョが行ったゴールパフォーマンスは多くの反感を買い、大逆転負けを喫した古巣リヴァプールとのCL準決勝でのプレーは多くのサポーターを失望させるものに。そのため、双方の関係性はすでに破綻してしまったと考えられている。

さまざまな要素を受け、コウチーニョの退団が濃厚と予想される中、同選手の新天地の候補に挙がるのがチェルシー。今夏にエースのエデン・アザールがレアル・マドリーに加入することが濃厚であり、その代役としてクラブとマウリツィオ・サッリ監督はプレミアリーグでの経験が豊富なブラジル代表MFに目を付け、獲得候補の1人に挙げている。

しかし、チェルシーに対して国際サッカー連盟(FIFA)は今夏と来冬の移籍市場で補強禁止処分を科す。先日にはFIFAが同クラブの異議申し立てを却下したことにより、最終判断はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に委ねられることとなっているが、処分が適応される可能性が高そうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索