マンチェスター・シティのMFケヴィン・デ・ブライネは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下ではプレーするのは簡単だと語っている。『Bleacher Report』が報じた。

デ・ブライネは2015年にマンチェスター・シティへと加入。翌年にグアルディオラ監督が就任し、これまでに2度のプレミアリーグ優勝を手にしている。

バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンなどで数多くのタイトルを獲得し、戦術のプロフェッショナルとして知られるペップ。デ・ブライネは「僕にとっては理解するのは簡単だった」と語りつつ、加入したばかりの選手にとっては簡単ではないとも話す。

「彼は選手が加入したときに多くのことを説明するんだ。そしてまずはやってみる。やるべきことはいくつかわかっていても、最初のうちは『ああ、頭が吹っ飛んでしまいそうだ』ってなるんだ」

一方で、監督と選手の関係について「全員と個人的な関係を持つことは難しい」とし、「10年や20年後、仕事が終わったときにはまた違った関係になっているかもね」と続けた。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です