ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、将来的なウェスト・ハム復帰の可能性について語った。

これまでにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、ユヴェントスといったビッグクラブでキャリアを築いてきたテベスは、中国移籍も経て2018年にボカ・ジュニアーズに2度目となる復帰。ボカの主将として今季もリーグ17試合で9ゴールを挙げるなどチームを牽引してきたが、現行契約は今月末で満了する。

ボカと半年間の契約を締結して残留すると明かしたテベスは、その後の去就については欧州復帰の可能性もあると、『Radio La Red』で話した。さらに、欧州復帰の際には、2006-07シーズンにプレーしたウェスト・ハムを優先させるとのことだ。

「欧州に復帰するとすれば、6カ月間はウェスト・ハムに行くだろうね。サポーターからの拍手を浴びたいね。(古巣の)コリンチャンスで6カ月過ごすのも良いかもしれない。どんな可能性も除外しないよ。僕自身の発言に縛られたくないしね」

またテベスは、自身のキャリアにおけるベストイレブンを選出。「引退試合を開催するなら、僕のチームはこうしたい。僕はベンチだよ」と口にしたテベスが元同僚から選んだベストイレブンは以下の通り。

GK
ジャンルイジ・ブッフォン

DF
ビセンテ・イボーラ
リオ・ファーディナンド
ガブリエル・エインセ
パトリス・エブラ

MF
アンドレア・ピルロ
ポール・ポグバ
ポール・スコールズ

FW
リオネル・メッシ
ウェイン・ルーニー
クリスティアーノ・ロナウド