スペイン『マルカ』は、レアル・マドリーがマンチェスター・ユナイテッドに所属しているフランス代表MFポール・ポグバの獲得を見送ろうとしている理由を説明した。

2016年夏にユヴェントス退団を決断して以来、レアル・マドリー行きが噂されていたポグバ。マンチェスター・Uが移籍金1億1400万ユーロ(現在のレートで約132億円)と1900万ユーロ(約22億円)のサラリーを支払うことでフランス代表MFを射止めたが、その後も関心は継続して伝えられてきた。

記事によれば、ポグバはマンチェスター・Uが自身の求めていた場所ではなく、夢を実現させるにはまだ何かが欠けていたことに気づいたが、忠誠心がモチベーションを維持させているという。とはいえ、2018年12月までのジョゼ・モウリーニョ監督時代に確執が報じられた際に気持ちが変わり、同監督が解任された後も選手の心は退団に傾いていたようだ。

しかし、代理人のミーノ・ライオラ氏がレアル・マドリーと協議を重ねたところ、移籍金で折り合いがつかなかったとのこと。昨夏には移籍に向けた動きが活発化していたが、時間が経つにつれてレアル・マドリーの関心は冷め、リストの上位には他の候補が浮上しているとされる。

また、スペインクラブ側はポグバの気持ちが変わっていないことを知っており、当人がサラリーについても交渉に応じる意志があると把握していながらも、獲得の可能性を除外。新型コロナウイルスの影響も踏まえて売却を優先させたい考えを示しているうえ、中盤の獲得候補としてもレンヌMFエドゥアルド・カマヴィンガやチェルシーMFエンゴロ・カンテが検討されているようだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です