レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、バイエルン・ミュンヘンのフランス代表DFリュカ・エルナンデスに興味を示しているようだ。フランス『Le10Sport』が報じた。

今夏の大型補強の噂が流れるマドリー。ジダン監督はパリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ、リヴァプールのサディオ・マネ、ミランのテオ・エルナンデスなどに熱視線を送っていると伝えられる。そんな中、新たな候補者が浮上した。

それがバイエルンのリュカ。昨夏にアトレティコ・マドリーからクラブ史上最高額の8000万ユーロ(約99億円)で加入したものの、2019-20シーズンは負傷もあり、公式戦14試合の出場にとどまっている。バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)も「ケガの影響でいいスタートを切れなかった」と認めていた。

また、一部のスペインメディアでは、リュカはバイエルン移籍を後悔しているとも伝えられており、今後の去就に注目が集まるところだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です