ポルトでプレーのカシージャス、母国復帰を検討か「マドリーは過去。でもリーガに戻りたい」

ポルトでプレーのカシージャス、母国復帰を検討か「マドリーは過去。でもリーガに戻りたい」

元レアル・マドリーで、現在ポルトでプレーするイケル・カシージャスは、再びリーガ・エスパニョーラでプレーする希望を持っていると明かした。

16年間にわたりレアル・マドリーに在籍し、5度のリーガ優勝や3度のチャンピオンズリーグ制覇などいくつものタイトルを手にしたカシージャス。2015年にスペインのクラブから退団してからは、ポルトガルの強豪ポルトに渡り、現役を続けている。

ポルトとの現行契約が今シーズン終了後に満了を迎えるものの、さらに2年間の契約延長を結び、今後も母国スペインの隣国でプレーを続けることが濃厚なカシージャスだが、リーガ・エスパニョーラに帰還する夢を依然として抱いているようだ。

「ラ・リーガでプレーできて僕はラッキーだった。でも、残念なことに今現在、あの舞台に僕はいない。マドリーとともに成し遂げたことを再現することは難しく、あのような成功を繰り返すことはもうできないだろう。マドリーでの僕の時間は過去のこと。でも、ぜひともラ・リーガに戻りたい」

2010年の南アフリカ・ワールドカップで、カシージャスはキャプテンとしてスペイン代表の初優勝に大きく貢献。その後も守護神として活躍を続けたものの、2016年を最後に代表での出場はない。しかし、プレーを続けている限り、ルイス・エンリケ監督から声が掛かることを待っていると話した。

「ナショナルチームでのステージが終わったわけではない。他のチームメイトとは違って、僕はまだ代表から引退していない。ゴールキーパーは他のポジションとは異なるからだろう。もちろん、コーチの選択を僕はリスペクトしている。でも、僕にはまだ意欲がある。例えば、ヘスス・ナバスが代表チームに復帰しただろう。彼のことを本当にうれしく思うよ」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索