ヴァラン、レアル・マドリー残留希望を公言「来年もここでのキャリアを歩む」

ヴァラン、レアル・マドリー残留希望を公言「来年もここでのキャリアを歩む」

レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランは、クラブでのキャリアを続けることを希望している。スペイン『マルカ』が伝えた。

2011年にランスからレアル・マドリーに加入したヴァランは、リーガ・エスパニョーラを2回、チャンピオンズリーグを4回、スペイン・スーパーカップを2回、コパ・デル・レイを1回、UEFAスーパーカップを3回、クラブ・ワールドカップを4回制覇。フランス代表としても昨夏にワールドカップ優勝を経験した現在25歳の同選手は、ありとあらゆるタイトルを獲得したことによって、環境を変えることを検討していると伝えられていた。

しかし、ヴァランはここへ来て残留を希望しており、「来年もここでのキャリアを続けようとしている。僕らはまた強い感情とともにやっていけると確信している」とコメントした。

今季はマドリーで主要タイトルを勝ち取ることはなく、「僕らは進化しなければならない。それは(ジネディーヌ)ジダンもわかっている。再構築する必要がある」と、ヴァランは変化を求めた。

ヴァランの現行契約は2022年までとなっているが、どのようなキャリアプランを持っているのか、今後も目が離せない。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索