中国リーグ、山東魯能に在籍している元ベルギー代表MFマルアーヌ・フェライニが、新型コロナウイルスで陽性と診断されたことが明らかになった。

地元の保険当局が発表したところによると、山東省済南市でフェライニは20日に新型コロナウイルスの検査を受け、その後陽性反応が確認されたという。

32歳のフェライニは、中国リーグ在籍のプレーヤーとして新型コロナウイルス検査で陽性となった、初のケースと伝えられている。中国の武漢から広まり、今や世界中で大問題となっている新型コロナウイルス。発祥の地である中国に籍を置くフェライニも、その猛威に巻き込まれる形となった。

1987年生まれ、現在32歳のフェライニはスタンダール・リエージュ育ちで、2008年からエヴァートンでプレー。13−14シーズンからマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、2019年2月から中国の山東魯能に新天地を求めた。ベルギー代表としては87キャップをマークしており、ロシア・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本からゴールを奪ったことは記憶に新しい。