レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、かつての同僚の姿を現チームに求めているのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。

同メディアによると、クラブもジダン監督も、次の移籍市場ではカゼミーロのポジションをカバーできる選手を探す必要があると認識しているという。そして「明らかなことは、マドリーやフランス代表でプレーしたジダンが、クロード・マケレレを探しているということだ」とし、現役時代にジダン監督と共にプレーし、陰で支え続けた守備職人タイプを探し求めていると指摘している。

『マルカ』によると、“新たなマケレレ”候補はエドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)、オーレリアン・チュアメニ(モナコ)、ブバカリ・スマレ(リール)の4人。いずれもフランス人であり、似たような特徴を持つ選手たちであるが、同メディアは各選手の状況も分析している。

レンヌの17歳カマヴィンガは、トップターゲットの1人であり、ジダン監督は理想的な選手だと評価しているという。チャンピオンズリーグ出場権を獲得したレンヌは来季もとどめたい意向のようだが、すでにレアル・マドリーは選手の関係者とコンタクトを取っており、本人が移籍を希望していることを確認しているようだ。

一方カンテについては、ジダン監督は常に選手のファンであり、2016年から動向を追っていると指摘。市場価値は8000万ユーロ(約92億円)であり、獲得には高額な移籍金が要求されるかもしれないと分析している。

新型コロナウイルス感染拡大によってラ・リーガは中断が続いているが、レアル・マドリーはさほど影響を受けないと複数メディアが伝えている。豊富な資金を持つロス・ブランコスは、指揮官が望む“新たなマケレレ”を連れてくることはできるのだろうか。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です