「W杯優勝が終点」マスチェラーノ、ロシアW杯限りでのアルゼンチン代表引退を表明

「W杯優勝が終点」マスチェラーノ、ロシアW杯限りでのアルゼンチン代表引退を表明

アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノが、アルゼンチンのTV局『TyC Sports』の取材で、ロシア・ワールドカップ限りで代表から引退する意向であることを明らかにした。

マスチェラーノは「自分にとって、選手としてまだやるべきことがたくさんある。その中の一つが、ワールドカップの決勝で勝利することだ。それが代表での終点になるだろうね。その後はないだろう」と述べ、ロシアW杯でアルゼンチン代表を3度目の優勝に導くことが目標だと明言している。

アルゼンチン代表は10日に行われたロシアW杯の南米予選最終節、エクアドルとのアウェー戦で勝利。土壇場で勝ち点3を積み上げたことにより、南米3位でロシアW杯出場を決めている。

2014年のブラジルW杯では、決勝でドイツに惜しくも敗れたアルゼンチン。1984年に生まれ、2003年からアルゼンチン代表でプレーするマスチェラーノにとっては、ロシアW杯でアルゼンチンを世界一に導くことが代表での最後のミッションとなるようだ。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索