FW本田圭佑が所属するブラジルのボタフォゴが、元コートジボワール代表FWのサロモン・カルーの獲得に動いているようだ。ブラジル『Globoesporte』が報じた。

現在34歳のカルーは今シーズンいっぱいでここ6年間過ごしていたヘルタ・ベルリンとの契約が満了。報道によると、そんなカルーの獲得に向けてボタフォゴは1年半にわたる具体的な契約を提示したという。

カルーは5月初旬、フェイスブックライブでロッカールームの様子を生配信した中で、ドイツサッカーリーグ(DFL)より定められていた衛生管理ルールに複数回違反。その行為を謝罪した同選手にクラブは追放処分を科していた。

ブラジル人と結婚しているカルーは欧州ではフェイエノールトやチェルシー、リールでもプレー。新天地はボタフォゴとなるのだろうか。