ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す

ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す

ハダースフィールド・タウンは、ヤン・ジーヴェルト氏の新指揮官の就任を発表した。

今シーズンのプレミアリーグ23節を終えてわずか2勝と最下位に沈むハダースフィールド。この成績不振を受け、14日に2015年からチームを指揮し、45年ぶりの1部昇格などに導いたデイヴィッド・ワグナー前監督との契約を解除した。

そして21日、ハダースフィールドはジーヴェルト氏と2021年までの2年半の契約を結び、36歳の若手指揮官にプレミアリーグ残留を託す決断を下す。同指揮官はこれまでに、U17ドイツ代表のアシスタントや下部リーグ、ボーフムなどでの仕事をした後、2017年からはドルトムントのBチームを指導していた。

1部での指揮官経験のないジーヴェルト氏にチームの指揮を託したことについて、ハダースフィールドのディーン・ホイル会長は2年ほど前に同指揮官の招聘に動いていたと明かすとともに、36歳の若手指揮官への期待を寄せた。

「彼ははっきりした性格で、非常に情熱的だ。成功への大きな野心も持つ。それに彼の哲学や信念は我々の考えとマッチしている。彼は高いインテンシティとハイプレッシングのフットボールを好む監督だ。それに、ヤンはドイツの若い選手たちの成長を助けるなどの功績を残している。我々のクラブは若くてハングリーな選手たちを求めており、この件に関しても彼の信念と完璧に一致する」

「まずは可能な限りプレミアリーグに残留するために戦いたい。まだまだ諦めるつもりはない。それだけではなく、我々は中長期的な計画も立てている。ヤンは我々とともに全力を尽くしてくれるだろうし、我々が直面する挑戦をとても楽しみにしているようだ」

ジ―ヴェルト新監督は、29日のエヴァートン戦で初陣を迎えることになる。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索