バルセロナDFユムティティが5〜6週間の離脱か…10月末には“エル・クラシコ”が予定

バルセロナDFユムティティが5〜6週間の離脱か…10月末には“エル・クラシコ”が予定

バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティの離脱期間は、それほど短くないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

ユムティティは9月のインターナショナルウィーク中に行われたフランス代表のトレーニング中に負傷。バルセロナは、診断結果が右足の打撲であることを9日に発表していた。

しかし、『マルカ』によれば、ユムティティはその後に怪我の程度を明らかにするための追加検査を受けたとのこと。そして、つま先の負傷により5週間から6週間の離脱を強いられることになるようだ。

遅ければ11月に入る時期まで欠場することになるユムティティ。10月末にはリーガ・エスパニョーラ第10節でレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”が予定されているが、ロシア・ワールドカップ王者はそれまでにコンディションを取り戻すことができるのだろうか。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索