リヴァプールのOBダニー・マーフィー氏が、FWロベルト・フィルミーノや獲得が噂されるFWキリアン・ムバッペについて言及した。

昨季は14年ぶりにチャンピオンズリーグを制したリヴァプール。その勢いはとどまることを知らず、今季はプレミアリーグ25試合24勝1分けと圧倒的な成績を収めている。2位マンチェスター・シティにはすでに22ポイント差をつけており、悲願のプレミアリーグ初制覇は目前の状況だ。

そんな躍進を支えているのが、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーの3トップ。中でもフィルミーノは、従来のセンタフォワードの概念を覆し、攻守両面でチームのかじ取り役になっている。

OBマーフィー氏は『talkSPORT』で、「フィルミーノと同じくらいゴールを奪えるストライカーは獲得できるか? そうだろね。では、彼らはフィルミーノと同じくらいアシストし、チームをリンクさせられるか? それはないだろう。フィルミーノはリヴァプールのシステムと2人のウインガーを美しく補完する男だ」とその能力に賛辞を送った。

しかし、絶対的な選手は存在しないとコメント。「3トップとしては素晴らしい。そうだろう? だが、誰かが“誰もフィルミーノの真似はできない。特別な選手であり、最高だからだ”と言ったとしても、それはケビン・キーガンが去ってケニー・ダルグリッシュが来た時と同じようなものだ」とし、移籍したとしても代わりは見つかると語っている。

「ルイス・スアレスもそうだ。“神よ、誰が彼の代わりができる?”とね。そして、マネとサラー、フィルミーノの3トップが完成した。フットボールは進んでいく」

「彼は交換可能か? 全員がそうだ。それはダイナミズムを変えるだろう」

そして、一部で獲得が噂されるムバッペについて言及。フィルミーノを高く評価しながらも、フランス代表FWの加入でより驚異的な前線になると主張した。

「フィルミーノを失い、ムバッペが来たらより恐ろしい3トップになるだろうか? これは一意見だが、より怖い3トップになると思う。私はね」

「ただ勘違いしないでほしい。フィルミーノを軽視しているわけではなく、彼は素晴らしい選手だよ」