ミラン加入のレビッチ「チャンスを待っていた」同胞ボバンがミラン入りをアシスト

ミラン加入のレビッチ「チャンスを待っていた」同胞ボバンがミラン入りをアシスト

フランクフルトからミランへ2年間の期限付き移籍を果たしたクロアチア代表FWアンテ・レビッチが、ミランの公式メディアを通してセリエA再挑戦への意気込みを示している。

今夏の移籍市場では、ルカ・ヨヴィッチ、セバスティアン・ハラーが去ったこともあり、フランクフルトでは攻撃の要として期待を集めていたレビッチ。だが8月途中から移籍のうわさが再燃すると、8月22日のUEFAヨーロッパリーグ、プレーオフのストラスブール戦では、敵地での第1戦で先発出場するも、無気力ともとれるプレーをピッチで見せたことから、前半のみで途中交代させられていた。

結果的に今月2日、移籍市場閉幕直前になってアンドレ・シウヴァとのトレードでレビッチはミラン入り。本人は「ミランが僕に興味を示していると聞いて、それからチャンスをずっと待っていたんだ」とミランの公式動画で発言。ミラノ行きが悲願だったと明かした。

「僕が初めてセリエAに挑戦した時、当時はとても若かった。ドイツでのプレーを経て、ミラノでプレーする準備は整ったと感じている。きっとクラブにとって重要な役割を果たすことができると確信しているよ」

なお、フランクフルトの幹部フレディ・ボビッチはこの移籍決定について「ミランの(ズボニミール)ボバンと(パオロ)マルディーニが重要な役割を担った。この移籍は、決定する3日前に具体化したんだ」と、8月下旬から急転直下で決まったとメディアの前で明かしている。

1993年生まれ、現在25歳のレビッチはRNKスプリト育ちで、2013年にフィオレンティーナへ完全移籍。だがフィレンツェでは主力に定着できず、ライプツィヒ、ヴェローナ、フランクフルトへのレンタルを経験。2018年からは完全移籍でフランクフルトに残留する形となり、今シーズンはドイツでの4季目に入るタイミングで、イタリアへと出戻りする形になった。

レビッチはフィオレンティーナとヴェローナ時代、セリエAでは累計18試合2ゴールと本領を発揮できずにいた。果たして4シーズンぶりのセリエA、ミランという新天地でレビッチは結果を残せるのか、今季は真価が問われることになりそうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索