C・ロナウドがアトレティコ戦挑発ジェスチャーの話題に辟易「愚かでしゃべりすぎ」

C・ロナウドがアトレティコ戦挑発ジェスチャーの話題に辟易「愚かでしゃべりすぎ」

ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドは、アトレティコ・マドリー戦で注目を集めたジェスチャーについて言及した。

18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節で、古巣レアル・マドリーの宿敵であるアトレティコ・マドリーの本拠地に乗り込んだユヴェントス。2点を先行するも終盤に追いつかれて迎えたアディショナルタイム、C・ロナウドは個人技からチャンスを作るも、シュートは惜しくも外れ、2-2のドローで終わった。

しかし、結果以上に注目が集まったのが、終盤でチャンスを決めきれなかった後にC・ロナウドがアトレティコサポーターに送ったジェスチャー。スタンドに向かって手を開いたり閉じたり(イタリアでは「ビビったか?」の意味)する場面が確認されている。

昨シーズンも自身が掲げたビッグイヤーの回数を示す「5」のジェスチャーや、股間パフォーマンスをアトレティコ戦で見せた同選手は試合後、今回のジェスチャーの意味について「学ぶこと、学ぶ必要がある」とのみ話していた。

そんな中、21日の2-1で勝利したヴェローナ戦後に『スカイスポーツ・イタリア』に対して、アトレティコ戦のジェスチャーが依然として話題に挙がることについて「君たちは必要以上にこの話をすることを好んでいるね。愚かで、しゃべり過ぎだ」と辟易とした様子で話した。

また、格下相手に先制されるも、自身のゴールでユヴェントスが逆転勝利した一戦を振り返ったC・ロナウドは、「重要なことはチームの勝利。マドリーであったCLの激しい試合の後で疲れていたけど、僕たちは勝ち点3を手に入れることができた」と公式戦3試合ぶりの勝利を喜んでいる。

ユヴェントスは、ブレシア、SPALと対戦した後、10月1日にホームでCLレヴァークーゼン戦を迎える。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索