「ミュラーとコウチーニョは併用しても面白い」実況者・下田恒幸が見るバイエルンの現在地/インタビュー後編

「ミュラーとコウチーニョは併用しても面白い」実況者・下田恒幸が見るバイエルンの現在地/インタビュー後編

2019ー20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が17日に開幕する。第1節からドルトムントとバルセロナ、ナポリとリヴァプールが激突するなど、好カードも目白押しだ。

そんな中で、今回フォーカスするのがブンデスリーガの4クラブ。昨シーズンはバイエルン、ドルトムント、シャルケ、ホッフェンハイムが参戦したが、いずれもラウンド16までに敗退となった。今季はシャルケ、ホッフェンハイムに代わってRBライプツィヒ、レヴァークーゼンが参加するが、どのような戦いを見せるのだろうか。

『Goal』では、CLを独占中継する『DAZN(ダゾーン)』でも実況を務め、ブンデスリーガに関して造詣が深い下田恒幸氏に話を聞いた。後編では、バイエルン・ミュンヘンについて迫る。

■バイエルンの新戦力の評価は…

――昨シーズンのCLラウンド16敗退という結果を受けて、新シーズンで再起を期すバイエルンは移籍市場の終盤で例年になくバタバタしました。最終的にはインテルからイヴァン・ペリシッチ、バルセロナからフィリペ・コウチーニョをレンタルで獲得しましたが、いかが思いますか?

ペリシッチはいいと思います。縦の突破もでき、両足を使える選手で、サイドに張って勝負した時に相手の脅威になれるのはヴォルフスブルク時代にも実証しています。彼はブンデスリーガを知っていて、ヴォルフスブルクでは結果を出しました。彼の補強は、監督(ニコ・コバチ)がクロアチア人で、クロアチア代表でも一緒に仕事をした経験があるということも含め、そんなにネガティブには見ていません。

――ペリシッチは補強の噂に挙がっていたリロイ・サネやカラム・ハドソン=オドイといった選手たちとはタイプが違うとの声もありますが…。

個人的にはペリシッチは候補に挙がっていた選手と同じく、純粋なウィンガーだと思っています。インテルの時もヴォルフスブルクの時もそうですけど、タッチライン際で縦に勝負できる選手です。シザースから縦に行って、クロスまで上げられる。加えて、両足を使えるので、左サイドに置いても縦にいけますよね。確かにサネほどの破壊力はないかもしれませんが、ペリシッチは両足を使えるのが大きいです。しかもレンタルですから、決して悪い補強ではないと思いますよ。

――最終ラインでは新加入のリュカ・エルナンデスとバンジャマン・パヴァールが出場機会をしっかりと得ています。

リュカは復帰したばかりですし、まだこれからだと思います。パヴァールに関してはそんなにスーパーな選手ではないし、こんなものなのかなと思っています。潰しがきくという点ではすごく良い選手を獲ったなと感じています。どこでもプレーできますから。シュトゥットガルトでブンデスリーガ2部時代から知っている人に聞いたら「本職はどこかと言われれば答えるのは難しい」と言ってました(笑)。ボランチ、センターバック、両サイドバック、何でもできる。そういう点ではパヴァールはチームの人繰りが厳しい時に役に立つ選手かなと思います。

■「ミュラーとコウチーニョは併用しても面白そう」

――バイエルンのチーム全体についておうかがいします。今季はプレシーズンから4-3-3の布陣に取り組んでいますね。

この形にこだわると、アンカーに置かれるチアゴ(アルカンタラ)に掛かる負担が大きすぎるかなという印象があります。実際、ドイツ・スーパーカップではプレスで狙われましたし、彼は一列前の方が良いのかなと思わなくもありません。彼をアンカーに置く4-3-3だと、彼がいなくなった時にチームの戦い方が変わってしまう可能性があるので、その不安はありますね。ただ、(ヨシュア)キミッヒを置くことで“ぼかし”はきくと思うので、何とかなるような気はします。

バイエルンは他のシステムでも戦えますからね。今は4-3-3ですが、昨季も採用していた4-2-3-1というやり方も持っています。ボランチを2枚にしてリスク管理しながら戦うというのもある。それほどフォーメーションにはこだわらないでやるのではないかと個人的には思っています。逆に言うと、コウチーニョやペリシッチが加わったことでコバチ監督は色々な手を打てると思うんですよ。例えば、(トーマス)ミュラーとコウチーニョはライバルみたいに伝えられていますが、彼らを併用することで違う面白み、魅力が出せる可能性もある訳だから。あとはコーチにハンジ・フリックが加わったのも大きいと思います。

――一方で、昨シーズンから戦術的な引き出しに乏しいという批判がコバチ監督にはクラブ内外からありますね。

難しいですね。ただ僕は、勝てば何でもいいと思っています。その勝つ手法というのはシステム論を多く持っているからとか、戦術が多彩だからというだけではないと思うんですよ。コバチは昨季2冠を達成した監督ですから。しかも、フランクフルトの時も最後にバイエルンを下して、ドイツカップを獲っています。なので、そこまで批判的には見ていません。

バイエルンには扱いが難しい選手もたくさんいます。(ドルトムントへと移籍した)マッツ・フンメルスやミュラーはコバチ監督にとって扱うのは簡単じゃなかったはずです。実力があるだけでなくチームへの影響力も大きく、メディアを通じても自分の意見を主張する。そんな選手を扱いながら最終的には負けにくくて、かつ最適解のようなものを見つけたからリーグ優勝できたわけです。つまらないと言われても勝っているわけですから。確かに、守備的に挑んで敗れたCLのリヴァプール戦でもっと手はなかったのか? と思いますが、負けたくないというところから入ればああなるんだろうなとも思いました。

■実況で意識すること

――ブンデスリーガに造詣が深い下田さんですが、他にもCLやプレミアリーグ、Jリーグまで実況をご担当されます。リーグごとに実況で意識することはありますか?

いや、特にそういったことは考えたりしないですね。実況というのは、基本的にその場で起きていることに声を乗せるだけなんです。なので、あまりドイツだからこう、イギリスだからこうという風には考えないですね。

――下田さんは小ネタやピッチ上の選手同士の人間関係を実況の中に含めることも多いですよね。

確かに誰と誰がいつ一緒のチームでプレーしていたかということは意識して喋るようにはしています。そこに人間関係があるので。だから試合が終わった後に握手とかもしますよね。Jリーグで言えば、高校で一緒だったとか、(全国高校サッカー)選手権決勝で戦っているとか、そういうのは意識して拾うようにしています。高校サッカーも現場取材するので、そこで見た情報や人から聞いた話なども中継に含めることは意識します。だから、特別このリーグだからという意識はあまりないですね。ただ、プレミアリーグの場合は、中継でスタンドが映るので、その意味を汲み取るようにはしています。

――有名人やクラブ関係者が映ったりした時ですか?

例えば、「翌日ボクシングの試合をする選手がユナイテッドファンでスタンドに来ている」、なんて時はその映像がきます。こういうのは拾えず、???になる事がほとんどですが(笑)、現地紙を丁寧に見ておくと実は記事になっていたりするので要注意ですね。あとはレジェンド。ただ、これは準備してどうこうなるものでもないので、それ用の準備はしませんが、そういう方が来る可能性があるというのは頭に入れています。

ドイツの場合は、基本的に観客席に座っているフロント(クラブ幹部)が一度は映るので、それが誰なのかということや、どういうことで話題になっているかということは一応調べています。でも、他のアナウンサーの方々と準備していることとそんなに変わらないと思いますよ。他の人と差があるとしたら前編で触れた「目の瞬発力」なんじゃないかな。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索