ドルトムント、ホッフェンハイムから独代表DFシュルツを獲得!左サイドバックの補強を実現

ドルトムント、ホッフェンハイムから独代表DFシュルツを獲得!左サイドバックの補強を実現

ボルシア・ドルトムントは21日、来シーズンに向けてホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)を獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。

ドルトムントはシュルツの獲得で左サイドバックの補強を実現。同選手はヘルタ・ベルリン下部組織育ちで2015年に渡ったボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)で現ドルトムント指揮官のルシアン・ファーヴル監督の下でのプレーを経験。左ウィングバックの起用が多かったホッフェンハイムでは今シーズン公式戦37試合に出場し、2ゴールと9アシストをマーク。昨年9月にドイツA代表でのデビューを迎えてから6キャップを記録した。

シュルツは新天地の公式ウェブサイトで「ボルシア・ドルトムントはトップクラブで、僕や僕のプレースタイルに合うサッカーを展開する」と移籍への喜びを強調。さらに「僕は自分のプレースタイルを通じてこのチームの力になれると信じている。一緒に大きな目標を成し遂げたい」と意気込みを語っている。

また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、「ニコ・シュルツはここ数年間、大きな成長を見せてきたディフェンスの選手。ドイツの代表チームと同様、我々は彼が持つフィジカルやスピード、極端なダイナミズムから得るものは多い。彼のように闘争心、成功をつかもうとする貪欲な姿勢を持ち合わせる選手はどんなチームでも助けとなるだろう」と歓迎している。

なおドイツ誌『キッカー』によれば、ドルトムントはシュルツの獲得にあたってホッフェンハイムに2700万ユーロ(約33億2000万円)との移籍金を支払うという。また同誌曰く、ボルシアMGからベルギー代表MFトルガン・アザール、レヴァークーゼンからドイツ代表MFユリアン・ブラントもドルトムント加入が間近に迫っている。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索