主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場

主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場

トッテナムは、イングランド代表MFデレ・アリが3月までの6週間程度を離脱すると発表した。

20日に行われたフラム対トッテナムの一戦に出場したアリは1ゴールを奪う活躍を見せたが、86分に左脚を負傷してそのまま途中退場を余儀なくされる。試合後、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「あまり良い状態には見えなかった」と話すなど心配の声を上げていた。

そして22日、トッテナムは「検査の結果、デレ・アリが日曜日の試合でハムストリングスを損傷したことがわかった。デレはメディカルスタッフとともにこれからリハビリを行うことになる。復帰は3月上旬になると見込んでいる」と声明を出した。

この間、トッテナムは最低でも8試合を消化する予定。アリはカラバオカップ準決勝セカンドレグのチェルシー戦、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのドルトムント戦、FAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦、プレミアリーグの5試合を欠場することが予想される。また、カラバオカップで決勝に進んだ場合も、2月24日に開催されるため、同選手は間に合わないと考えられている。

アリの負傷はトッテナムにとって大打撃。現在、エースのハリー・ケインが足首の靭帯損傷で同様に3月までの離脱が見込まれている。さらに、アジアカップに韓国代表として出場するソン・フンミンも最大で2月上旬までチームに合流できず、ルーカス・モウラも膝に故障を抱えているようで離脱中。また、先日にはムサ・デンベレを広州富力に放出するなどコマ不足が懸念される。

前線のキープレーヤーを多数起用できないトッテナムだが、このピンチを乗り切ることはできるのだろうか。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索