マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが、同クラブで自身を指揮した監督たちについて語っている。Instagramで質疑に応じた。

2014年から2017年にかけてチェルシーで活躍し、2017年夏にマンチェスター・Uに移籍したマティッチ。同クラブでは、これまでに2人の監督のもとでプレーしている。

特に、チェルシー時代にも指導を受けていたジョゼ・モウリーニョ監督(現トッテナム指揮官)が采配を振るった2018年末までは、重要選手として君臨。マティッチは、モウリーニョ監督への尊敬を示しつつもその性格をこう表現した。

「状況によるけど、勝利していれば彼は最高の人物だ。だが、もし負けていたら練習場で彼から隠れることになる。それでも彼は素晴らしい指揮官だよ」

一方、モウリーニョ監督解任以降から指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督下で、マティッチの出場機会は減少。それでも、同選手は現在の指揮官を称賛している。

「オーレは素晴らしい監督だ。ユナイテッドに来てから大きく成長したように思うし、今の彼は(最初と)同じじゃない。素晴らしい未来があると確信しているし、彼は僕らにトロフィーをもたらしてくれるだろう

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です