武藤嘉紀の試合後コメントに物議…元英代表FW「監督と直接話すべきこと」

武藤嘉紀の試合後コメントに物議…元英代表FW「監督と直接話すべきこと」

元イングランド代表FWで、現在は解説者を務めるダレン・ベント氏が、武藤嘉紀のコメントに反応している。

武藤は17日に行われたプレミアリーグ第2節ノリッジ・シティ戦で途中出場。しかし、ゴールに絡むことはできず、チームも1-3と敗れている。試合後には「孤立していたと感じました」と語るなど、難しさを語っていた。

チームの戦術批判にも取れるコメントに英メディアは反応。ベント氏も『フットボール・インサイダー』で「(スティーブ)ブルースの戦術を批判しているように聞こえるからよくないね」とコメントしている。

「それは監督と直接話すべきことだ。このスタイルでは点を決められないとね。こうなると、ファンも『ああ、ブルースの失敗だったんだ。選手でさえ戦術に不満を持っているんだから』となる。それは不必要な問題だよ」

連敗スタートを喫しているニューカッスル。25日のトッテナム戦で勝ち点を挙げることはできるのだろうか。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索