アトレティコ、シメオネの要請によりビトロ獲得に全力…FIFAの処分は関係なし

アトレティコ、シメオネの要請によりビトロ獲得に全力…FIFAの処分は関係なし

アトレティコ・マドリーが、セビージャMFビトロ・マチンの獲得を目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

昨夏にもディエゴ・シメオネ監督の要請によってビトロを狙ったアトレティコ。しかし獲得を実現することはかなわず、その代わりにMFニコ・ガイタンをチームに加えたものの、うまくは機能しなかった。これによりシメオネ監督は、再びビトロの獲得に執着している様子だ。

アトレティコは未成年選手の獲得・登録に違反したとしてFIFAから選手登録禁止処分を受けており、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に同処分の取り消しを求めている。だが『マルカ』によれば、同クラブは5月30日までに下されるCASの判決に関係なくビトロの獲得を目指すという。

アトレティコは、同様に選手登録禁止処分を受けた経験があるバルセロのやり方を踏襲する考えとされる。バルセロナは処分が適用されていた2015年夏にMFアルダ・トゥラン、MFアレイクス・ビダルと契約を結び、次の冬の移籍市場で正式に選手として登録した。

アトレティコはこれを踏襲して、CASによってFIFAの処分が取り消されない場合には、今夏にビトロと契約を結び、冬の市場から戦力に加える考えとされる。なおビトロの契約解除金は4000万ユーロに設定されているが、アトレティコには同額を支払ってでも、獲得を実現する考えがあるようだ。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索