レヴァークーゼンは1日、チリ代表MFチャルレス・アランギスとの契約を延長したことを発表した。新契約は2023年までとなっている。

4月に31歳の誕生日を迎えたセントラルミッドフィールダーのアランギスは、2015年にブラジルのインテルナシオナルからレヴァークーゼンに加入。同クラブでの初シーズンは移籍直後にはアキレス腱の損傷で長期離脱を強いられるも、同クラブでは公式戦130試合に出場し12ゴール23アシストをマーク。チームの中心、欠かせない存在となった。

そんなアランギスだが、今シーズン終了で満了となっていたこれまでの契約延長の交渉がなかなかまとまらなかったため、メディアでは最近バイエルン・ミュンヘン行きが取り沙汰に。しかし、ここに来てレヴァークーゼンとさらなる3年間の新契約で合意したとのこと。クラブの公式ウェブサイトを通じて「特別な関係を続ける」決断に至ったと伝えた上で次のように喜びを語っている。

「ここでは素晴らしいチームメイトとともにたくさんの大きな試合など、様々な体験をしてきた。このクラブ、本当に従業員の全員が常にサポートしてくれて、歓迎されているという気持ちを与えてくれた。特に最初、アキレス腱のケガで長い間プレーできなかった時を含めてね。ここでは素晴らしい時間を過ごさせてもらい、これからの3年間、大きな成功を成し遂げるためにすべてを尽くしたい。もちろん今シーズンからでもそうできたらと望んでいるし、早く再開することを願っている」

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です