岡崎慎司、リーガ2部第2節でついにスペインデビューへ!選手登録の見込みが立つ

岡崎慎司、リーガ2部第2節でついにスペインデビューへ!選手登録の見込みが立つ

今夏にマラガに加入した日本代表FW岡崎慎司が、ようやくリーガ・エスパニョーラ2部の試合に出場することができそうだ。

マラガはオーナーであるアブドゥラ=アル・タニ氏に振り回される形で、これまで選手放出を実現できず、リーガのサラリーキャップ制に引っかかり岡崎ら新加入選手を登録できないまま2部開幕節を終えていた。

だが『GOAL JAPAN』が入手した情報によると、FWハビエル・オンティベロスのビジャレアルへの売却(移籍金750万ユーロ前後)が現地時間19日中にも決まる運びとなり、岡崎を選手登録できる見込みとなった。岡崎は24日に行われる2部第2節、本拠地ラ・ロサレダでのラス・パルマス戦で公式戦デビューを果たすことになりそうだ。

なおマラガははオンティベロスのほか、MFアルフレッド・エンディアイェが今週中にヘタフェへとレンタル移籍する予定で、同選手の年俸300万ユーロも節約できる模様。このように選手放出の目処が立ったことで、18日にはレアル・マドリーの下部組織出身MFホセ・ロドリゲスの獲得を発表している。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索