バイエルン・ミュンヘンはU-23日本代表FW食野亮太郎がプレーするハーツの左サイドバック、DFアーロン・ヒッキ―に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えた。

バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は先日、今夏の移籍市場でビッグネーム1人に加えて、欧州の有望株を1人の獲得を目指していると宣言。ビッグネームはマンチェスター・シティのドイツ代表FWリロイ・サネが候補に挙がっている一方で、白羽の矢を立てる若手は現在17歳のヒッキーの可能性が浮上しているようだ。

報道によれば、バイエルンは2019年夏にセルティックから獲得したU-17スコットランド代表のセンターバックのDFライアム・モリソンに続いて、同国の現U-19代表に狙いを定めているとのこと。ロックダウン中にヒッキーの映像を分析し、これまでハーツのトップチームで公式戦34試合に出場している左サイドバックに熱視線を送っているようだ。

出身クラブであるセルティックやマンチェスター・シティも関心を示していると言われるヒッキーだが、ハーツとの契約は2021年まで。ドイツの地で次のステップに進む可能性はあるのだろうか。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です