バルサB指揮官が語る安部裕葵への期待「タケは他の道を選んだ。ヒロキが来てくれて幸せ」

バルサB指揮官が語る安部裕葵への期待「タケは他の道を選んだ。ヒロキが来てくれて幸せ」

バルセロナBのガルシア・ピミエンタ監督が、今夏の移籍市場でバルセロナに加わった日本代表MF安部裕葵について言及した。

現地時間15日にバルセロナは110万ユーロ(約1億3300万円)の移籍金で鹿島アントラーズから安部を獲得したことを発表。安部はBチームの現段階で契約解除金が4000万ユーロ(約49億円)に設定されており、トップチーム昇格の際には契約解除金が1億ユーロ(約121億円)に引き上げられる模様。安部はバルセロナと4年契約を結んでおり、当面のところはBチームでプレーする見通しとなっている。

まず、ピミエンタ監督はかつてアカデミーに所属していた日本代表MF久保建英を引き合いに出し、「タケは望んだところでプレーすることを決断した。その結果、ここには来なかった」と語り、そのうえで「タケはマドリーに行くことを決めた。他の道を選んだということだね。私はバルセロナが彼を呼び戻そうと動きを見せていたことを知っているよ。おそらく、タケをバルセロナに戻したほうが、順応が簡単だったかもしれないね」と言及した。

一方で同指揮官は、安部のポテンシャルにも期待を寄せている。

「ただ、我々が獲得した日本人はヒロキだ。タケもヒロキも素晴らしいプレイヤーであることには変わりない。ヒロキは俊敏でテクニックも素晴らしいし、重要なプレーヤーになり得る才能を持ち合わせている。彼はここに順応する必要があるが、適応しようと頑張っているし我々もそれをサポートする。ヒロキがここに来てくれて、幸せだよ」

ピミエンタ監督も安部の才能を高く評価しているようだが、将来有望な若手がひしめくバルサBで安部は自らの存在感を示すことができるのか。真価が問われることになりそうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索