元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が4日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、セリエA再開について自身の見解を示した。

新型コロナウイルスの感染拡大によるリーグ中断から2カ月ほどが経過したセリエA。イタリア内務省が4日からセリエA所属選手による個人練習を認める通達を出すなど、リーグ再開へ向けた動きが活発となっている。そんななか、かつてユヴェントスやミラン、インテルなどビッグクラブの指揮官を歴任した経験を持つザッケローニ氏がリーグの今後について、自身の考えを明かした。

「再開させたいという意図は伝わってくるが、実際に再開するのかどうかは分からない。ただ、スポーツにおいて記録が空欄のままになるなんてことは酷いことであり、経済的な部分もあるから、再開を試みるのは妥当だと考える。しかし、現段階ではシーズンが打ち切りになるリスクは非常に高いと思う。それでもこれから数週間様子をみれば、再開の可能性がより高くなるかもしれない」

ザック氏は、試合観戦を待ちわびていることを明かしつつ、コロナとの共存の中でのリーグ再開の難しさを指摘した。

「私は試合が見たい。だが以前と同じカンピオナートであることを忘れがちになる。選手たちは活動を休止したうえ、コロナウイルスに感染してしまった選手も何人かいる。他の選手だって怖いだろう。ケガとは違うので、1人の選手が休養しても残りの選手たちが活動できるわけではない。今、もし陽性の選手が出たとしたらチーム全体が隔離されることになる。このリスクは避けなければならない」

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です