マンチェスター・ユナイテッドから期限付きでエストゥディアンテスに加入するマルコス・ロホがアルゼンチンで規則違反を起こしたことが発覚した。

今冬から期限付きでアルゼンチンのエストゥディアンテスに移籍したロホ。新型コロナウイルスの影響を受ける同国でも、感染拡大予防策として集会の禁止など厳しい規制が敷かれるなか、同選手が友人とポーカーに興じ、喫煙する動画がソーシャルメディア上に投稿された。なお、動画はすでに削除されている。

この動画はすでに広く出回っており、ロホの保有元であるマンチェスター・Uも認識すると考えられている。そのため、今後クラブからロックダウン中の規則違反について注意されることは確実視されている。

多くの人々がロックダウンにより不自由な生活を余儀なくされており、世界中の模範になるべきフットボール選手には厳しい目が向けられている。すでに、アストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュ、マンチェスター・シティのカイル・ウォーカー、エヴァートンのモイゼ・ケーンらが規則違反により非難された。

また、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督をはじめ複数の選手やアーセナルの選手たちはソーシャルディスタンシング(感染予防のために必要な距離)を順守していない場面が目撃されており、クラブが警告していた。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です