ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンがセリエA最多出場記録を更新した。

4日に行われたセリエA第30節で、ユヴェントスはホームでトリノとのダービーを迎えた。開始早々からパウロ・ディバラが先制点をマークすると、クリスティアーノ・ロナウドにもFKからゴールが生まれ、4-1と快勝している。

昨年12月以来セリエAで出番がなく、ヴォイチェフ・シュチェスニーの控えとしての役回りに徹していたブッフォンだが、この試合では久しぶりの先発出場。前半終了間際にはPKから失点するも、それ以外の場面では安定したパフォーマンスを披露して勝利に貢献した。

42歳守護神は、トリノ戦の出場でセリエA通算出場数は前人未到の「648試合」に到達。ミラン一筋で長年活躍したパオロ・マルディーニ氏が持つ記録に並んでいたブッフォンは、これで通算出場数で単独1位に躍り出た。1995年のデビューから、セリエBやパリ・サンジェルマン時代を含めて延べ25年かけて、大記録を樹立している。

なお、同選手は先日に2021年夏までの契約延長でユヴェントスと合意。そのため、セリエA出場記録は今後さらに更新されることになりそうだ。