新型コロナウイルス関連のニュースが一向に減ることなく、感染者もどんどん増えているようですし、なかなか収束しない様子ですね。
そんな中、宝塚歌劇でも、客席を通るような演出の際に行われていた、出演者と観客とのハイタッチや握手を、感染予防の観点から当面控えるとの発表がありました。
厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&Aのページによると、新型コロナウイルスの感染経路としては、飛沫感染と接触感染が挙げられています。
飛沫感染は、咳やくしゃみから直接ウイルスを吸い込むことによる感染ですが、飛沫を吸い込まなかったとしても、ウイルスがついていた手や物に接触することで自分の手にウイルスが付き、その手で目や口を触ることで感染してしまいます。
また、その手で別の人や物に触れることでウイルスを広げてしまいます。
握手やハイタッチでの接触を避けることは、感染の機会を減らす対策になりますね。
むやみに人や物に触らないのは効果的ですが、外出先で全く何も触らないのは困難です。
最後はやはり、うがい・手洗いをし、体内にウイルスを入れないようにすることが大切です。

宝塚大劇場はこちら
兵庫県宝塚市栄町1丁目1−57