宝塚市中州といえば、昭和初期に中洲楽園といって、温泉付き別荘を整備したり、ダンスホール「宝塚会館」があったりして、阪神間モダニズムのころに拓けたところで、今でも区画の大きいお宅が残っています。
その一角に、おうちが何軒も建ちそうな広い区画があって、時々手入れもしていたようだったので空き地というよりお庭のようでしたが、特にサクラの時期には美しく咲き、行き交う人の目を楽しませてくれるところがありました。
昨年2019年の12月初旬にそこを通ると、「開発構想のお知らせ」という看板が出ていました。
着工予定時期が3月15日となっていますから、サクラの花は見られないかもしれませんね。
そして、2月に入って再び見てみてみましたら…奥のおうちも解体されていました。
手前の空き地だけかと思っていたら、奥のお宅の敷地と合わせて開発されるようです。

場所は、県道337号沿いです。
兵庫県宝塚市中州