オリンピック発祥の地ギリシャで命を吹き込まれた聖火が、2020/3/20長旅を経て、宮城県は東松島市に降り立ちました!!
聖火は開催地で灯されるのではなく必ずギリシャで点灯され、それをランタンに移したものを、火がついたままの状態で特別輸送機のシートに乗せられて(しっかりシートベルトも締められて)開催地まで運ばれてくるのだそうです。
特別輸送機の名称は「TOKYO2020号」。そのまんまですが何故かカッコいい。
屋外に会場が変わったため、突風でランタンの聖火が2度も消えてしまうハプニングにも見舞われました。
聖火リレーは2020/3/26(木)、福島県の楢葉町からスタート!
コロナウイルスの影響が甚大で7月の開催が危ぶまれている昨今。
延期または中止もありそうな東京オリンピック2020ですが、聖火リレーは間もなく始まります。

航空自衛隊松島基地はこちら↓
宮城県東松島市矢本板取85