緑の屋根と白漆喰塗りの外壁が美しい『ロシア風ビザンチン様式』の優美な建物『函館ハリストス正教会』です。
正式名称は『主の復活聖堂』という名前で、ギリシャ語で『キリスト』を意味する『ハリストス』の復活を記念する聖堂。
江戸時代末に、ロシア主教『ニコライ』によって日本で初めて『ロシア正教』が伝導され、ロシアの領事館及び礼拝堂として建てられました。
初代の『函館ハリストス正教会』は、1860年(安政6年)に建立されましたが、1907年(明治40年)に『函館大火』によって焼失しましたが、1916年(大正5年)に『函館ハリストス正教会』が再建され、1983年、大正時代の建造物としては、全国で2番目の国の重要文化財に指定されました。
毎週土曜日17時〜の『徹夜祷』と、日曜日の10時〜の『聖体礼儀』は、葬儀や結婚式などの特別な時を除き、どなたでもお祈りに参加することができるそうです。
暗くなってから、夜景を見ながらの『函館ハリストス正教会』も素敵です。

★『函館ハリストス正教会』はこちら↓
北海道函館市元町3−13