新型コロナウイルスの感染拡大で入手困難になったもののうちの一つにアルコール消毒液が挙げられます。
各メーカー総力をあげて製造しているにも関わらず、供給がまったく追いついておらず、各地の医療機関や高齢者施設から対策を求める声が出ておりました。
それを受けて厚生労働省は、酒造メーカーが造るアルコール濃度が高い酒類を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決め、全国の医療機関などに通知しました。
ただし、消毒液の代用品としての対象は、アルコール濃度が70%から83%の酒と定められており、これより高濃度であると殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めているそうです。
商品カテゴリにおいては市民の皆さんの待望の品ですし、購入時の行列や買い占めを防止する意味でも、慢性的に不足していたものがオンラインで気軽に入手できるようになることは大変ありがたいことですね!

寒梅酒造はこちら↓
宮城県大崎市古川柏崎境田15